読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

45 For Trash

しごうするのか、されるのか。

愛を誓わない。

「愛」という言葉が氾濫する中、かえってそんな言葉無ければ良いのにと思う時があります。でもそうもいかないので、気持ちを切り替えて、ひっそりとしかし確実にある愛について書こうという気持ちになりました。

f:id:shigo45:20160221205939j:plain


僕は君を愛する
誰かが君を愛しても
誰も君を愛さなくても
僕は君を愛する
誰かが君を憎んでも
誰も君を憎まなくても

誰かが君への愛を誓う
僕は誓わない
誰かが僕を罰しても
僕は誓わない
ただ僕は君を愛してる

愛を競い合う人たちの群れ
僕は抗って歩く
肩をぶつけられ
唾を吐きかけられ
ときには無視をされ
それでも僕は愛を抱いている

誰かが愛を声高に叫び
君の喜びに喝采を送るとき
僕は感じている
物音も立てず
息をのんで
君の苦しみを
君の哀しみを
そして君の穢れを
君の涙にまみれる僕は
ただ君を愛している

君に咲く花
君に宿る鳥
君を洗う雨

君に育まれ埋葬されるものたち
僕はそれとともにあり
僕はその一部だ
僕に語る言葉はない
僕は聴く耳ももたない

ただ君を愛している



えっと…まあ、許してください。

詩人ではないので余計な文章を少しだけ付け加えます。ここまで読んだ方がいればですが…。

ここに書いた愛が誰に向けられたものか、一人の人なのか、もっと大きなものなのか、それは読む方の受けとめ方です。私はどちらでも良いのですが。ただ私は、愛は強いられるものではなく、ただそこにあるのだということを書きたかった。

最初は普通に文章を書こうと思ったのですが、最近理屈っぽいことを書くことが多かったので、気分の問題でこのような詩とも言えないような代物になりました。恥ずかしいし、キモいと思われそうで不安なのですが。

時に誰かから「愛すること」を強いられたり、「愛さないこと」を非難されたりすることがあります。その「誰か」がなんなのかも色々と想像して頂きたいと思います。それは人かも知れないし、場所かも知れないし、時代なのかも知れない。ただ、私は、愛は強いるものではなく、愛のないことを非難されるべきでもない。もしそういうことが行われるならばそれは単に「愛」という言葉を弄んでいるだけだ、と思っています。

「愛を強いる人は愛を知らない」

少しだけ愛の中身を書いていますが、それは愛の定義ではありません。言葉は便利ですが、言葉はまやかしにもなり、同じでないものをひとつにまとめてしまう危うさをいつも孕んでいます。特に一見美しい言葉は。私は、愛する人の数だけ、異なる愛があるのだと思っています。

ただ、私を愛してくれる人には、その愛を誓って欲しくはない。愛してくれればそれだけでいい、そう思います。


This is a post from 45 For Trash

POLICY :1. このサイトへのリンクは自由です。 2. できるだけ誤りのないように書いているつもりですが、当サイトに掲載する情報の正確性は保証できません。また掲載している情報は執筆日現在の情報です。 3. 当サイト、当サイトリンク先、広告リンク先の利用によって生じたいかなる損害についても一切の責任を負いません。 4. 当サイトはGoogleアドセンス、Amazonアソシエイト、その他アフィリエイトの広告を掲載している場合があります。 5. 当サイトご利用の場合は上記の事項に同意したものとみなします。