読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

45 For Trash

しごうするのか、されるのか。

車内の掃除にブラック&デッカーの安価なクリーナーを買ってみた。

生活

今日は小ネタ。車内掃除のために少し前に買った掃除機の使用感レポートです。

車を仕事でも使うので、車外も車内もあまり汚くしておきたくはないのですが、車内がちょっと汚れたぐらいでわざわざGSに行って有料掃除機を使うのもちょっとなあ、ということで掃除機を買うことにしました。

以前、充電式のものを買って吸引力が全然なかったので、今回はシガーソケットから電源を取るタイプにしました。また、常時車に積んでおくものって、だいたいすぐ劣化しがちなので、安いというのも選択のポイント。

アマゾンやらヨドバシやらで検索して購入したのが、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER) 車用掃除機ダストバスターオートNV1210AVです。3,000円を切る価格なので、失敗覚悟で買いましたが、自分としては十分だったのでレポート。

ブラック&デッカー(BLACK&DECKER) 車用掃除機ダストバスターオートNV1210AV

ブラック+デッカー(BLACK&DECKER) 車用掃除機ダストバスターオートNV1210AV-JP

アメリカの電動工具メーカーブラック&デッカー(BLACK&DECKER)の製品です。

もっとお高いのもあるけど、前述の通り安いのが絶対条件なので、こちらにしました。Amazon.co.jpで買うと2017.1.10時点の価格は2,789円。私はプライム会員なので送料は無料です。

12Vのシガーソケット対応でサイクロン方式。コードは5mで車内の隅々まで余裕で届きます。

付属品など

既に使用済みのものなので汚れてますが…。

f:id:shigo45:20170110130426j:plain

本体・取扱説明書の他に、収納用ネット、延長用蛇腹ホース、各種ノズルが付属しています。

ノズルは、本体に直に付けるノズルが2種類(先細ノズル、ブラシノズル)、延長用蛇腹ホースに付けるノズルが2種類(ロング先細ノズル、大型ブラシノズル)の合計4種類。

f:id:shigo45:20170110130815j:plain
本体に直接付けるタイプの先細ノズル。

f:id:shigo45:20170110130845j:plain
ぴったり付けられます。

f:id:shigo45:20170110130938j:plain
本体に直接付けるタイプのブラシノズル。

f:id:shigo45:20170110131031j:plain
こちらもぴったり。

f:id:shigo45:20170110131054j:plain
延長用蛇腹ホース。

f:id:shigo45:20170110131110j:plain アマゾンのレビューに、延長用ホースを付けると吸引力が激減するような書き込みがあるのですが、ガッチリはめればそんなことないと思うんだけどなあ。向きを間違えてもなんとなくははまるので、その状態で間違って使ってたりして…。まあ、ちゃんとした?家庭用掃除機に比べると接合部分の作りは甘いとは思いますが、きっちりはめれば吸引力が落ちるということは、私の場合ありませんでした。ただ、がっちりはめると外すのに多少力がいるかも。

f:id:shigo45:20170110131505j:plain 延長用蛇腹ホースに付けるタイプの先細ノズル。

f:id:shigo45:20170110131532j:plain 延長用蛇腹ホースに付けるタイプの大型ブラシノズル。アマゾンの商品紹介写真ではこれを使ってバックミラー部分を吸ってましたが、そんなとこ吸うもの?吸うのかな。私は拭くだけですけど…。

電源

電源はシガーソケットから。家庭用コンセントでは使えませんので念のため(変換アダプターを使えば別ですが)。電圧は12Vですので、ご自分の車のシガーソケット電圧を確認してくださいませ。

f:id:shigo45:20170110132319j:plain
ちょっと気に入らないのが、シガーソケットに差し込んだ時に、端子の金属部分が結構はみだしていること。同じ12Vのシガーソケットでも、車によって微妙に形状が異なるので、私の車でだけのことかも知れません。念のため使用中に端子に触れないように注意をしています。

吸引力・音

肝心の吸引力ですが、すごく強いとまでは言えないと思いますが、私の主観ではまあ十分じゃないかと思います。以前購入した(これまた安価な)充電式クリーナーに比べれば何倍もマシ。

参考までに、動作中の動画をアップ。音の大きさとともにご確認ください。車のフロアマットに落ちている砂とか、繊維の中に入ったゴミなんかを吸っています。ブラシを付けた方がゴミが繊維から浮いて吸いやすいですが、あまりリアルさが伝わらないかと思い、ノズルなしの状態で撮影。

通販番組などとは違うこのリアルさ(笑)。評価は個人差があるでしょうが、基本的にシートの隙間に入った粉状のゴミとか、フロアマットに乗っている砂とかを、ささっと吸い取る目的の私としては問題なし。2000円代ですし。音はそこそこします。

お手入れ

ゴミは先端の透明な部分にたまります。赤いボタンを押してパカッと外してゴミをポイ。

f:id:shigo45:20170110133612j:plain
真ん中のはフィルター。

フィルターはさらに分解して掃除できます。 f:id:shigo45:20170110133813j:plain

水洗いもできるようですが、外してそのへんでパンパンすれば目詰まりもしないようなので、私は余程じゃないと水洗いなんてしないでしょう…。

液体は吸えません

尚、このNV1210AVは液体は吸えません。こぼしたジュースなども吸える乾湿両用のものだと、WD1210AVがあります。ほんの少しお高いですが。

でも、車内で液体を掃除機で吸うニーズってあるのかなあ。掃除機出すよりまずタオルとかで慌てて拭いちゃうと思うけど…。

収納

付属のネットにすべて入ります。チープなネットですけど無いよりはマシ。でもこのままトランクなどに積むとガチャガチャうるさいので、私は他のものと一緒にプラスチックケースに入れてます。

f:id:shigo45:20170110134333j:plain

まとめとおまけ

ハンディ―クリーナーって、ピンからキリまであって、例えばダイソンの充電式のやつなんか買えばそりゃいいのでしょうけど、個人的には車の中でしか使わないものにそんなたいそうなものを使う気にはなれません。かといって土足で汚れる車内掃除道具を家の中と共用するのはイヤ。

ダメ元でいいからと買った車内用掃除機が結構使えたのでご紹介でした。

おまけ。

写真を撮るために停めた公園にある鈴懸(プラタナス)。葉が落ちて乾燥した実だけが残った姿がなんとなくかわいい。

f:id:shigo45:20170110140329j:plain

f:id:shigo45:20170110140332j:plain


This is a post from 45 For Trash

POLICY :1. このサイトへのリンクは自由です。 2. できるだけ誤りのないように書いているつもりですが、当サイトに掲載する情報の正確性は保証できません。また掲載している情報は執筆日現在の情報です。 3. 当サイト、当サイトリンク先、広告リンク先の利用によって生じたいかなる損害についても一切の責任を負いません。 4. 当サイトはGoogleアドセンス、Amazonアソシエイト、その他アフィリエイトの広告を掲載している場合があります。 5. 当サイトご利用の場合は上記の事項に同意したものとみなします。