読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

45 For Trash

しごうするのか、されるのか。

【自刈り】坊主ヘア歴15年の俺がカットの極意とおススメのバリカンを教える。(追記あり)

生活

自刈り。一般に通用する言葉かどうか知りませんが、自分で髪の毛を刈る行為のことです。

私は坊主歴15年。ただし、最近はソフトモヒカン寄りになっており、坊主界では日和見主義者と呼ばれるかも知れません。ある日突然坊主に目覚めたのですが、その後は何度も髪を伸ばしかけながらもその便利さに勝てず、結局長らく坊主またはソフトモヒカンです。

この頭、バリカンで自分で刈っています。バリカン歴15年なので、丸坊主はもちろん多少のアレンジも手の感触のみでカットできます。自称バリカンマスターです。

今回は、そんな私がバリカン1つで出来るカッコイイ「ソフトモヒカン寄り坊主」の刈り方を書きます。

f:id:shigo45:20160204232847j:plain

※ 私は理容師や美容師ではありません。あくまでも我流の経験で身につけたカットの仕方ですので予めご了承ください。

坊主頭のメリット

朝の支度が簡単

坊主の最大のメリットを感じるのは朝の支度。寝ぐせがつきません。正確に言うと自分だけ気づく微妙な寝ぐせはつきますが、せいぜいゴルフのグリーンの目の違い程度です。それすら顔を洗うついでにバシャっとやれば直ります。これが私にとっての最大のメリット。

乱れないスタイル

そしていくら激しく動いても、突風が吹いても乱れない。トイレに行って髪を直すなんてことは一切なくなりました。

感触の良さ

さらに、触ると気持ちいい。若い女性社員やパートさんが「さわりたーい」などと寄ってくることもあります(触らせませんが)。小さな子供がいつまでもナデナデしてくれることもあります。

さて、いよいよカットの仕方です。

準備するもの

バリカン

電動バリカンです。縁のない人には全く縁のない電気製品ですね。

重要な条件は、充電式コードレスで、本体を水洗いできるもの。便利さが絶対的に違います。選択肢はある程度あるものの、私の絶対的おススメはパナソニックのこれ。

これは家庭用バリカンとしては最上位の方。それでも理容室に行くことを考えれば数回で元が取れる価格です。また大事に使えば何年でも使えます。

下の写真はバリカン本体とアタッチメント。アタッチメントはたくさんあって、これを付け替えることでカットする長さを調整します。

f:id:shigo45:20160204161503j:plain

例えばこれは一番短い3mmのアタッチメントを装着したところ。これで刈れば、頭皮から3mmの長さに刈り揃えられるわけですね。

f:id:shigo45:20160204161544j:plain

バリカンの選び方については最後に詳細に書きます。

浴室

散髪をするお部屋です。別に普通の部屋でもいいんですが、いくら注意しても切った髪があちこちに散乱してしまい後片付けが面倒なので、私はいつも浴室でやっています。もちろん裸です。

浴室以外でやる場合には、かなり広範囲に新聞紙かシートを敷き、首から下にマントみたいなもの(たぶんゴミ袋とか?)を巻き、椅子とスタンド型の鏡を置き、散髪後にはこれらを片付けなければいけません。掃除機をかけるのも必要かも。

これに対して、浴室で裸で散髪すれば、普通は鏡もあるし、浴室用の椅子もある。終わったらシャワーでジャーっと流せばきれいになります。すごく簡単です。冬場は寒いけど、浴室暖房があればそれを使い、そうじゃなくても浴槽にお湯をはって身体を温め、浴室自体も温めればなんとかなります。

三角コーナーネット

浴室で散髪するときに注意すべきことは1つ。流した髪の毛が排水管に流れて詰まってしまう可能性があります。これだけはちょっとやっかい。そうならないために排水口にネットを被せて髪の毛をストップします。

本当に小さな髪の毛ならいいんですが、ちょっとでもボリュームがあると蓄積するうちに本当に詰まってしまうので、必ずネットはしましょう。

ちなみに目の粗いものよりも、目の細かい、または不織布でできているタイプだと完璧です。ただし、完全にネットのところで髪の毛がストップしてすぐに排水できなくなるので、こまめに髪を取り除いた方が良いです。

カットの仕方

刈り方については、現在の私の髪型を例に説明します。こんな感じです(写真は色んな意味で差しさわりがあるので適当に絵を描きます。あくまでもイメージ図です。)。

f:id:shigo45:20160204212251j:plain

結構な短髪、ソフトモヒカン寄りの坊主というより、坊主寄りのソフトモヒカンです。

この髪型の刈り方を見て頂いて、そこから推測すれば応用は効くと思います。髪型の見た目は結局、それぞれのパーツの髪の長さのバランスなので、3mmで説明しているところを6mmにするなら、9mmのところは12mmにする、という感じで考えればだいたい大丈夫です。

尚、この刈り方は私が経験上身に付けたもので、プロのセオリーや、バリカンの付属のテクニックブックなどの説明は完全に無視しています。そのつもりでご覧ください。

また、最初は多少の失敗はつきものです。しかし、完全坊主でも良いと割り切れば、失敗したときは坊主にしちゃえば良いので気が楽です。最悪坊主でいいや、と思いつつ、でもちょっとおしゃれならいいな、ぐらいの気持ちでやってみてください(あくまで自己責任でお願いします(笑))。

注意点

感電注意

水洗い可能なバリカンを、コードレス状態で使えば心配は要りませんが、コードをつないだ状態で浴室で使うのは厳禁です。感電事故の可能性があるからです。

また、水洗い可能でないバリカンを浴室で使ってもいけません。壊れます。とにかくご自分のバリカンの取り扱い説明書をよく読んで、安全に使いましょう。

こちらは私が使っているバリカンの取説(パナソニックER-GF80-Sの説明書です)。 f:id:shigo45:20160204184822j:plain

アタッチメント間違い・外れに注意

使い慣れないうちはわりと大丈夫なのですが、ちょっと使い慣れてくると失敗することがあります。なんでも慣れてきた頃が危ないんですね。

よくある失敗の筆頭はアタッチメント間違い。6mmで刈るつもりだったのに3mmで刈ってしまったとかです。当然短くしちゃうとすぐには伸ばせないわけで大失敗です。その場合は刈り過ぎたところに合わせて全体を調整するしかないのですが、頭頂部とかでやってしまうと大変です。

あとは、アタッチメント外れ。アタッチメントはカチっとはまるようになっているのですが、そのカチっが甘い状態なのに気づかず使っていると外れてしまうことがあります。頭皮に押し付けているときに起こりがちなことなのでこれは大変な悲劇になります。アタッチメントのない状態でバリカンを使うとそこはもう完全にハゲハゲです。

実は私、この失敗をしたことがあります。大口取引先でのプレゼンを控えた前日の夜、気合いを入れて散髪中にアタッチメントが外れ、前髪のど真ん中数センチがハゲハゲ。逆モヒカンです。電撃ネットワークの南部さんぐらいしか見たことない髪型です。仕方がないので、出家したみたいな完全坊主にするしかなく、その頭でプレゼンしました。別れ際にクライアントの責任者が「しごうさん、何か悪いことしたんでしょ?罰ゲーム?」と話しかけられしばし談笑。かえって良かったんですけどね。契約も取れたし。

話がそれましたが、間違いのないアタッチメントを確実にセットして使うことが大事です。

刈り過ぎ注意

髪が濡れていると、乾いた時に比べて髪が長く感じます。乾くと濡れている時より短くなるんです。まあ、坊主っぽい髪型ならそんなに大きな違いはないんですが、それでも「意外に短くしちゃったなあ」と思うことがあります。

髪が乾いた状態で刈るか、乾いた時に少し短くなることを頭に置いてカットするようにしましょう。ただし、寝ぐせ状態で刈ると予期せずまだら刈りになってしまう可能性もあるので、髪を整えてからカットしましょう。

カットの順番

先にカットの順番を見ていくと

  1. サイド・バックの下部分
  2. サイド・バックの上部分
  3. トップ
  4. 境界部
  5. フロント
  6. えり足などの処理

f:id:shigo45:20160204220313j:plain

という感じです。絶対にこの順番じゃなきゃダメってわけじゃないですが、この順にやると失敗が少ないと思います。

サイド・バックの下部分

3mmのアタッチメントを使います。

下の図の赤く塗りつぶした部分を刈ります。

f:id:shigo45:20160204234313j:plain f:id:shigo45:20160204234325j:plain

まずは、サイドの下部分。バリカンを図の矢印のように前から後ろに動かして刈っていきます。図のラインから下は全て3mmで刈って構いません。尚、きれいにまだらなく刈るにはバリカンを縦横無尽に動かした方が良いのですが、最初からそれをやると、思わぬところまで刃が入ってしまいます。もしもまだらな部分があると感じても、バリカンの向きは前から後ろにして何度も何度も動かすようにすると失敗が少ないでしょう。

f:id:shigo45:20160204235240j:plain

尚、耳の周りは刈りにくく髪の毛が長く残ってしまいがちなので、耳をおさえて小さくバリカンを動かすようにして刈り残さないようにします。

左右ともに刈ります。当然右手と左手持ち替えてバリカンを動かすので、最初は利き手でない方が難しいと思います。バリカンを持っていない方の手で刈りたくない部分(ラインの上)を押さえて、それ以上上にバリカンがいかないようにするなどすれば良いでしょう。私はもうそんなこと必要ないですけどね。

次は、バックの下部分。

f:id:shigo45:20160204235245j:plain

下から上にバリカンを動かしてラインのあたりまで刈ります。後ろは見えないのでラインまで正確に刈るのは不可能ですが、どうせ後で調整するのでだいたいで良いです。慣れるまでは合わせ鏡をつかうのもいいですが、刈る方向に手をそえて頭を撫でながら刈れば自然にわかってくるはずです。

サイド・バックの上部分

6mmのアタッチメントを使います。

先ほど刈った部分の上を刈っていきます。

f:id:shigo45:20160204235724j:plain

ここでも基本的には前から後ろにバリカンを動かして刈ります。既に3mmで刈った部分と当然段差ができますが、今は気にする必要はありません。

f:id:shigo45:20160205000037j:plain

頭の形によるのですが、トップからサイドに向かって降りてくるカーブの一番きついところあたりが刈る範囲の一番上のラインになります。頭が四角だとするとその角のところまでということですね。

ここを刈るのはあまり難しくないと思います。

ここまで刈ると、トップがぼさぼさで横がすっきりなので、鏡の中のシルエットがこいつにそっくりかも知れませんが、途中なので気にしません。

f:id:shigo45:20160205001231j:plain

トップ

下の図の赤い部分を刈ります。

f:id:shigo45:20160205002927j:plain

12mm~50mmのアタッチメントを段階的に使います。ただし、ここからは失敗しやすいので、初心者は15mm・18mmなど長めのアタッチメントを使って慎重にカットしていってもも良いでしょう。

まず、12mmのアタッチメントでトップの左右を刈ります。下の図のように、フロント周辺はあまり刈らずに残し、後ろの方は少し中心に向かって刈ります。

f:id:shigo45:20160205002049j:plain
(急に簡素な絵ですみません。)

バリカンを動かす向きは矢印の方向です。

そして、少しずつアタッチメントを長いものに変えながら真ん中に攻めていきます。

12、15、18、20、30、40、50と細かく段階を踏んでも良いですが、私の場合は、12mmのあとは20mm次は50mmといった感じで飛ばして使ったりもします。トップはきっちりと髪の長さがそろっていなくても良く、かえってランダムな方がかっこいいという面もあるので適当に刈るのも良いですが、ただ、真ん中程長めになるという感じは守ってください。

境界部

さて、ここまでで大体のシルエットは出来上がりました。ただ、異なる長さとなった各パーツの境界部分が不自然になっています。ここを自然な感じに修正します。

バリカンを少し斜めにして使うという技を使います。

サイドの下は3mm、サイドの上は6mmで刈りましたが、その境界部分を3mmのアタッチメントでバリカンを少し斜めにして動かします。下の図のイメージです。

f:id:shigo45:20160205004627j:plain

境界を挟んで短い方を刈った時のアタッチメントでぼかしていくということです。

最初はちょっと難しく感じるかも知れませんが、一度に段差をなくそうとせず、何度も前から後ろに動かしていくと不思議に段差がなくなっていきます。

バックの境界は最初難しいのですが、正直言うと失敗して上の方まで短くなったとしてもそんなにカッコ悪くはならないので、チャレンジのつもりでやってみると良いです。コツは、長めの髪を櫛で横から後ろに整えるときのように、初動をサイドから始めることです。そうすることで軌道が安定します。

初めてだとここが一番難しいと思いますし、何度もあわせ鏡で確認しながらやってみる必要もあると思います。でも慣れれば何も見なくてもできるようになりますよ。私は手の感覚だけで全てやれます。

他の部分も同じように、接しているパーツの短い方の長さのアタッチメントを少し斜めにして使えば目立った段差はなくなります。また、多少段差があってもかえってカッコよく見えることもあるので、見た目と相談しながらやってください。

また、トップに近ければ近いほど、多少ガタガタでも気になりません。サイドやバックはきっちりと、トップはルーズに、と考えておけば良いと思います。

フロント

フロントを最後に残しておいたのは、なんだかんだ言って、この部分が全体の雰囲気を大きく左右する部分だからです。既に刈った部分とのバランスを見ながら少しずつ刈るとかっこよく仕上がります。

下の赤い部分を刈ります。

f:id:shigo45:20160205003215j:plain

50mm~70mmのアタッチメントを使います。

最初は70mmのアタッチメントで前から後ろにカットします。それでも長く感じるようならアタッチメントを短くして刈ります。バリカンの動きは前から後ろです。方向がかわると思わず短くなってしまうことがあるので注意してください。。

仕上げ

短髪にするとえり足まわりのうぶ毛などが目立ちます。下の図の部分です。

f:id:shigo45:20160205004850j:plain

バリカンのアタッチメントを外して処理する方法もありますが、初心者だと大失敗してしまうこともあるので、合わせ鏡を使い「きれてなーい!」系のT字のカミソリで慎重に処理する方がおススメです。ただし、くっきりし過ぎるのはかえってカッコ悪いですし、剃り過ぎの心配もあるので、生え際ギリギリまではカミソリは使わず、少し離れた目立つところだけ適当に剃るぐらいの心構えの方が良いと思います。

後始末

バリカンを良く水洗いして乾かし、付属の油で注油もしておくとよいでしょう。注油しないと切れ味が落ちてしまいます。

こんな感じで注油します。参考にパナソニックのER-GF80-Sの説明書。

f:id:shigo45:20160204184843j:plain

あとは、洗髪等、良く髪を身体から落とし、排水口にたまった髪の毛の始末をして終了です。

カット終了!

これらの工程すべてで私は15分で完了できます。はじめての場合は1時間ぐらいかかるかも知れませんが慣れれば必ず時間短縮できます。

頭がさっぱりしたら、浴槽に浸かって身体についた小さな毛を流しながらゆっくりするのが気持ちいいんです。

ちなみに、短髪であればあるほど髪が伸びてくるのが気になります。私は2週間に1度ぐらいのペースで刈っています。それから、なんとなく気分転換したい時もカット。お金もかからないし、慣れると髭を剃るのと同じような感覚でカットできますよ。

おススメのバリカン比較詳細

家庭用バリカンの選択肢はあまり多くありません。ここでは私が使ったことのあるバリカンを紹介します。

ド本命はパナソニックのER-GF80-S

私が自信を持っておススメするのがこれ。パナソニックの充電・交流式バリカンER-GF80-Sです。


パナソニック バリカン 充電・交流式 シルバー調 ER-GF80-S

本体まで水洗いOKという点でER-GFシリーズがおススメですが、シリーズ中の最上位機種ER-GF80は、アタッチメントの種類が最も豊富なのがポイントの高いところ。今回のようなベリーショートだけでなく、長めの髪のカットも可能です。

私などもう何年も坊主か坊主まがいの髪型なのでGF70ぐらいでも大丈夫なのですが、実は家族のカット(私が担当)にも使っているのでGF80を買いました。この機種の前も、その前も、パナソニック製を愛用してきました。

これが本体及び付属品一式。本体、アタッチメント7種類、ACアダプタ、専用オイル、掃除用ブラシ、ケースです。取扱説明書と「テクニックBOOK」も付いています。1つのアタッチメントがいくつもの髪の長さに対応しているので、あらゆる長さに対応できます。

f:id:shigo45:20160204183911j:plain

水洗いが可能で、刃の部分は分解しなくてもスライド開閉させれば洗うことができます。進化しましたねー。

f:id:shigo45:20160204184248j:plain

刃も外して分解の上洗うこともできます。

f:id:shigo45:20160204184259j:plain

少し長めの髪にする時はこんなアタッチメントを使います。写真だとわかりにくいですが、これ一つでも長さ調整が可能です。

f:id:shigo45:20160204184539j:plain

f:id:shigo45:20160204184423j:plain

こちらはスキ刈りアタッチメント。髪の量を調整する時や、異なるアタッチメントで刈った時の境界をぼかすのに使います。

f:id:shigo45:20160204184621j:plain

機能的に、家庭用バリカンとしては全方位OKで文句なしだと思います。

他社機種との比較でいうと、パナソニックのバリカンはとにかく切れ味が良いと思います。体感的には刃の振動スピードが速いためだと思いますが正確にはわかりません。ただ、使っていると伝わってくるバイブレーションが速くて小刻みだと感じます。これが、一発で綺麗に刈れること、カット中に髪の毛がバリカンに引っ張られて痛いということがまず起こらないこと、というメリットを生んでいると思います。

品質重視ならこれ一択で問題ないと思います。

【2017.1.13追記】

現在もこのER-GF80-Sはアマゾンのバリカン・ヘアカッターカテゴリでベストセラー1位となっている人気の商品です。価格も随分とこなれて2017.1.13現在4000円代。

次で取り上げているIZUMIのバリカンは既に新品購入は難しくなっているようで、新商品に切り替わっています。そちらは相変わらず安価なようですが私は使ったことがないのでレビュー不可能。すみません。

というわけで、比較できなくなってしまいましたが、充電式で水洗い可能、同機能のバリカンを選択する場合、パナソニックのER-GF80-Sであれば間違いない、ということだけは言えます。

【2017.2.7追記】

この追記を書いている2017.2.7現在、パナソニックのER-GF80-Sの価格は高くなっているようです。もしかしたら在庫が少なくなってきたのかも知れません(真偽不明)。そのせいか他のメーカーのバリカンが売れ筋順位を上げているようです。ただ、私は使ったことのないメーカーのものはレビューできないのですみません。

どこのメーカーのバリカンを購入するにしても、注意すべきは、用途に応じた機能が備わっているかをちゃんと確認することです。充電コードレスで使えるのか、本体水洗いが可能なのか、アタッチメントの種類等は、購入後の使い勝手に大きく影響します。ご自分のニーズと照らし合わせ、よくよく確認したうえで購入して頂ければと思います。

安さ重視ならIZUMIのIHC-32

【2017.1.13追記】

IZUMIのバリカンは新製品に切り替わっており、IHC-32はアマゾンでは中古しか買えないようです(しかも中古が新品より高い場合もあり)。

同等機種は下記のHC-FW36-Sのようで、価格も相変わらず安く2017.1.17現在2000円代前半で買えます。


IZUMI Cleancut ヘアーカッター シルバー HC-FW36-S

但し、私自身は使ったことがないのでレビューは出来ません。すみません。

尚、以前IHC-32について書いた部分は下記に残してありますが、現在の製品に関してあてはまるものではありませんのでご承知ください。尚、古い商品へのリンクは削除しました。


【↓古い内容ここから↓】

こちらは、IZUMIヘアーカッター充電・コード共用タイプIHC-32。

※以前はここに商品画像がありました。

上のER-GF80-Sと比較すると半額近いですよね。私もこの機種を4年間ぐらい使ったことがあります。自宅用とは別に単身赴任先用として購入し、大活躍してくれました。

私のような坊主に近い髪型なら、こちらでも十分対応は可能です。耐久性も問題はないと思います。

ただし、ER-GF80-Sまでの豊富なアタッチメントがないので、家族の髪のカットまで使おうと思っている人は対応可能かどうか確認してから購入してください。

またER-GF80-Sと比べると、刃の振動が激しく感じます。良く言うとパワフル、悪く言うと繊細さがない感じ。そのせいなのかパナソニックほどの切れ味を感じなかったり、髪の毛の引っ掛かりで痛いことが生じやすいです。

ただそれはER-GF80-Sと比べてという話であって、そう頻繁に起こることではありませんのでご安心を。何よりこの値段ですからね。

私はこの機種、パワフルな感じで自分の用途にも十分合っていたので気に入っていました。4年ぐらい使って、アタッチメントを誤って壊してしまったので買い替えましたが、非常にコスパの良いバリカンだと思います。

【↑古い内容ここまで↑】


バリカンで自刈りするようになれば、理容室・美容室に行く必要がなくなるので結構なお金の節約になります。そう考えればバリカンぐらい自分の納得するものを買えばよいのではと思います。

余談

坊主は薄毛防止によい?

余談ですが、父は私が物心ついた頃から立派なハゲ頭でした。私もそうなるものだと思っていて十数年前は、あれ?ちょっとヤバくなってきたのかなあと感じていました。別にそれでも構わないと思ってたのですけどね。

しかし、15年前に坊主にしてからあまり髪の毛は薄くなっておらず、現在も薄毛には見えません。

私の推測に過ぎませんが、恐らく坊主頭は薄毛対策には効果が大きいのではないかと思います。

一番大きいのは頭皮の清潔を保ちやすいこと。洗髪は髪を洗うことよりも頭皮の汚れをしっかり落とす方が大事ですが、坊主だと確実に頭皮をキレイにできます。

私は坊主にして以来、普通の石鹸(お気に入りは無添加せっけん)で頭を洗っておりシャンプーは使っていません。坊主だから髪がきしみませんし。坊主にしてからフケなども全くでなくなりました。

他には毛が短いと毛根への負担が少ないなんて話もありますが、私にはよくわかりません。

しかし体験上は良い効果があると思います。保証はできませんが。

自刈りの楽しさ

私が初めてバリカンを手にしたのは、実は坊主にした時ではありません。美容院でカットしてもらった髪が気に入らず、自分で手直ししたくて買ったのが最初です。それ以来、自分で自分の髪型を調整できる楽しさに目覚めてしまいました。

「髪切りてえ」と思ったら即実行でき、微妙な変化も自分の意のままに実現できる。これは楽しい。

最初は失敗する可能性もあるのでそこは覚悟してほしいのですが、何度もやるうちに確実にうまく速くなります。

自刈り、おススメですよ。

ただ、私は理容室や美容室も好きです。リラックスしたりおしゃべりを楽しんだり、自刈りでは得られない喜びがありますよね。たまには行こうかなとも思います。

追記(2016.2.8)

ブコメでも指摘頂いたのですが、確かにソフトモヒカンは坊主に比べて難易度が高いです。上にも書いたのですが最初は失敗覚悟でやってください。

特に難しいのは、後頭部のつむじあたり。下の図の赤丸のあたりです。刈り上げきってしまわないで、かつ、ただの尻尾みたいにならないようにするのは難しいです。

f:id:shigo45:20160208003823j:plain

最初はとにかく坊主にするつもりで、その前に髪の毛で遊んじゃおう、ぐらいの気持ちでやっていると自分の頭の形や髪の生え方の癖などを手先が覚えるようになると思います。

何しろ髪のカットの事なんて書くのは初めてなので、本文の説明もつたなくてうまく伝えきれていないとは思うのですが、あまりニーズのなさそうな記事に思ったより反響を頂きました。それで、ちょっと心配になり、くどいのですが追記しました。

絵は私が自刈りした髪型にほぼ忠実です。私は特別器用なわけではないので、慣れればきっと誰でも出来るんではないかと想像しています。


This is a post from 45 For Trash

POLICY :1. このサイトへのリンクは自由です。 2. できるだけ誤りのないように書いているつもりですが、当サイトに掲載する情報の正確性は保証できません。また掲載している情報は執筆日現在の情報です。 3. 当サイト、当サイトリンク先、広告リンク先の利用によって生じたいかなる損害についても一切の責任を負いません。 4. 当サイトはGoogleアドセンス、Amazonアソシエイト、その他アフィリエイトの広告を掲載している場合があります。 5. 当サイトご利用の場合は上記の事項に同意したものとみなします。