読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

45 For Trash

しごうするのか、されるのか。

イケダハヤト氏が言う毎日1万字以上がどれくらいスゴいのか考えた。

このブログを始めて約1ヶ月半。ビギナーズラックなのか、実は想定よりアクセスが伸びているんですが、それとともに今後このブログをどうしたものかとちょっと悩み中です。そんな中、かの有名なイケダハヤト氏の「毎日1万字以上」という記事が目に留まりました。

f:id:shigo45:20160126144818j:plain

1日1万字以上はすごいのか。

目にとまったのは次の記事。かの有名なイケダハヤト氏です。ブクマされていたので視界に入ってきました。

www.ikedahayato.com

ちょっと長めですが引用させて頂くと次のような内容。

後に続く若者たちのためにも強調してますが、ぼくは「生産量」ハンパないですよ。
今は育児中で量が落ちてますが、それでも「毎日1万字」以上書いているはず。多い日は1.5万字くらい書いてます。
で、この生活をかれこれ4年くらい続けてます。ずっとずっと、書き続けてきたわけです。もちろん、この先もやめるつもりはありません。
「ラクして稼いでいる!」みたいな批判はここを見落としていて、ぼくは「こうなるべくして、こうなっている」んですって。
そりゃあ、あなたも4年間、毎日1万字以上書き続ければ、稼げるようになりますよ。
やるかやらないかの問題です。ぼくはやりました。だから、ここにいます。

悔しかったら、ぼくよりたくさんブログ記事書いてみろよ。 : まだ東京で消耗してるの?より引用

私、実はイケダハヤト氏のことは良く知りません。ちょっと知ったのもここ1年以内ぐらい。ブログでご飯を食べてる人なのかなぐらいは知っています。また上手に燃え上がる才能等々も少し知っています。この記事のタイトルもイカしてます。でも、プロブロガーには疎いのであまりよくは知らないのです。ごめんなさい。どんな手法で稼いでいるかにも関心はありません。それに私は「後に続く若者」でもないし、「ここにいます」の "ここ" がどこなのかもわからないのでそこに行きたくはないのです。

それでも文字通り「毎日1万字」を書き続けてその「ここ」にいらっしゃるなら、それはそれでやっぱり凄いことだよなと思います。

ほんの少しでもブログを書いたことがあれば、たくさんの人に見てもらいたいなあと考えたことのある人は多いはず。私自身もそうです。稼げるようになるか、なりたいのか、は別にして(もちろんお金になる分には嬉しいですよ)、外に向けて発信する以上、他人に読んでもらいたいという気持ちはそれなりにあります。

そういう点では、「なるほど1日1万字以上か」「なるほどそれを続けるのか」「だからいっぱいの人が注目するのか」と素直に思いました。もちろん、記事内容も問題だろうし、タイトルの付け方も違うけれど、「とにかく書く」ということが当たり前の肝なんだろうなあ、と。たまたまこのブログを始めて1ヶ月、わりと頻繁に更新してみたら想像以上にアクセスがあったことも手伝って、ちょっとはっとしました。

そう思ったら、1万字ってどれくらい?というのが気になりはじめ、ちょっと調べてみました。

1万字ってこれくらい

このブログの文字数

このブログの文字数をざっくり調べてみました。カウントの仕方は適当です。昨日1月25日まで。

記事数 開設後日数 合計文字数 1記事平均文字数 1記事最大文字数 1記事最少文字数 1日平均文字数
31 41 114,159 3,683 9,492 441 2,784

なるほど…。

もちろん、普通に仕事して空き時間に書いているわけだけど、今の約4倍で1日1万字なわけですね。

原稿用紙だと

400字詰めの原稿用紙だと25枚分です。学校の読書感想文って5枚ぐらいでしたっけ。

Word文書に例えると

ちなみにビジネス文書で例えたらどんな感じかと言うと、WordでA4サイズで1ページ1,440字(デフォルトの文字ポイント・余白・行間などでびっしり文字で埋めた場合)。10,000字なら約7ページ。普通は色々と余白が生じるから、だいたい9ページといったところでしょうか。ふむ…。

小説だとどれくらい?

小説の文字数で言うと、中島敦の『山月記』とアルベール・カミュの『シーシュポスの神話』の日本語訳を合わせたぐらいの字数です。作品のチョイスについてはそのうち書きたいと思います。文字カウントはそこそこ適当です。

犯罪白書だとどの辺まで?

『平成27年版 犯罪白書』で見てみると、「第1編 犯罪の動向」のうち、「第1章 刑法犯」「第2章 特別法犯」を優に超え、「第3章 各種の犯罪」のうち「第1節 交通犯罪」のうち「3 検察庁における処理状況」のあたりまで行きます( 図表内の文字はカウントせず。 平成27年版 犯罪白書 目次)。

かえってイメージできないですかね…。

歌『チェチェコリ』だとどれくらい?

257回歌うと1万字を超えます。「チェッチェッコリ♪」の「ッ」も1文字にカウントしています。「♪ホンマンチェッチェッ」の「ッ」も数えています。歌えそうな気がします。

ちなみにSMAPの『世界に一つだけの花』をフルに歌えば25回で済みます。もしかして楽勝じゃないですか?

結論

結論:ブログばかり書いてる人じゃなきゃ毎日1万字はスゴい。

普通に仕事している人だとやっぱりそれなりのハードルではありますね。何を書くかも決めなきゃいけないし。その上家庭持ちだと仕事以外の時間の全てを投入はできない。私の場合、仕事の時間を融通・調整できる環境はありますが、それでも投入できる絶対時間はあまりありません。

書くこと自体が仕事なら毎日2万字以上書けるかも、とも思いますが、そうじゃない限り1万字もそこそこ厳しいですね。

でも、画像使用を少なくして加工の時間を減らせれば、同じ時間でももっと書けるでしょう。テーマは移動時間とかに考えればいいし。工夫すれば今の2.5倍ぐらいのパワーで1万字いけるかも。2.5倍が大変ですが。

「1万字」を真に受けていいかどうかわかりませんが、でも何となく目安としてはわかりました。いっぱい読んでもらいたければいっぱい書く。これ、単純でいいです。

プロブロガーになるつもりはないけれど、何か書くならいっぱい読んで欲しいですものね。プロブロガーじゃないのにアクセスがいっぱいあったら、それはまたマジで嬉しんじゃないでしょうか。

悔しくはないんですが、でもちょっと意識してやってみようかとも思いました。クソ記事ばかり量産したらごめんなさい。

このブログについて

始めて1ヶ月半、このブログの現状。

冒頭にも書きましたが、このブログの今後についてちょっと悩み中です。

現状についてちょっとだけ書くと、想定した以上にアクセスが伸びています。アドセンス規約の問題もあるのでアナリティクスのスクショなどははりませんが、12月15日に開設してから1ヶ月間のPVが5,000を超え、直近の1ヶ月間だと16,000PVを超えています。おそらくこの1月1ヶ月間のPVは20,000ぐらいになりそうな感じです。出足としては上出来だと思います。(※ まだ生まれたてなのでSimilarWebでアクセス数は取得できません。長く生き延びていたら確認してみてください。但し、無料版で確認できるのはDesktopからのアクセスのみ。ちなみに現時点でこのブログのデスクトップによるアクセスは20~30%です。)

短期間でPVが伸びたのは、たまたま特定のリファラによるアクセスがあったことと、一時的に検索流入の激しい記事があったことが大きく、今後このアクセスを維持していけるかはわかりません。特定リファラもそのうち意味がなくなる可能性もあります。ただ、検索流入とダイレクトで7割ぐらいを占めているので、それなりのアクセスは維持できるのかも知れないとも思っています。多少SEO的なことも意識はしているので成果があったと言えるのかも知れないけれど、まだ判断するには早い感じ。いずれにしても未知数です(アクセスが安定して増えて本当に理由が分析できたらシェアできるかも知れません)。

このブログの今後

アクセスが増えて悩むといのはどういうことかというと、結局ノウハウ記事やレビュー記事がPVを稼いでいるからです。もちろん、自分が誰かに教えてあげたい、誰かの役に立つかも、と思って書いているわけであるのですが、それを書き続けるのってなんか仕事みたいだなと感じたり…。たまに思いついたこと、意見、みたいなことも書いていますが、いつもいつもあるわけじゃなし。

かと言って、はてな村(?)界隈で見られるαブロガー(?)*1の方々の素晴らしい文章などは真似できそうもない。でも仕事みたいに書くのはなんだかなあ。そんなことをグダグダ考えながら、でもたまたまとは言え訪問者が増えてくるとそれが欲になってアクセス自体は増えて欲しいとも思います。

他でもう1つブログをやっています。そのブログは結構マニアックなテーマに絞っていて、アクセス数なども意識せずに5年間続けています。記事は、書きたいことがあり、なおかつ時間に余裕がある時にだけ書くというスタンスで、月に3本ぐらいのペースで続けてきました。月間25,000~35,000PVぐらいを行ったり来たりしていて、運営方法を変えない限りこれ以上は増えないだろうと思いますが、読み続けてくれる方もそれなりにいて反応もあるので、それはそれで楽しいのです。しかし、如何せんあまりテーマから外れることができません。

そんな事情もあり、「45 For Trash」という名前にしたこのブログでは、何でもテーマに縛られず書こうというつもりでした。それなのに、そこそこアクセスが増えたために、いきなり何を書くべきか悩み始めていたのでした。

しかし、「毎日1万字」を見てちょっと悩みが晴れたような。

四の五の言わずとりあえず書けばいいのかな。とにかくたくさん書いてみよう。その上でアクセスが増えたら嬉しいし、ごくたまにでも誰かが喜んでくれる記事があったら良いな、となんだか当たり前ではあるものの私にとってはちょっと新鮮な気持ちになった、という話です。

はてブは皆無

さて、このブログにつけられたはてブは皆無…。なかなかはてな住民の方から評価を頂くのは難しいものですね。まあ記事内容が問題なのでしょうが。サイトとしては検索流入が多いのは悪くないのですが、やっぱりはてブを横目で見ていると、記事への評価が見えてその上拡散される嬉しさがありそう。

私、最近遅ればせながらはてなブックマークを使い始め、おっかなびっくりでブクマをつけています。するとブクマがついているブログがちょっと羨ましくなりました。それで、はてなブログならブクマが付きやすいかなあなんて、はてなブログを始めたのです。

しかし、もともとネット・SNSで交流するのが下手で、ツイッターのフォロワーもほとんどいないし、読者登録による交流やはてブの付け合いみたいなのも苦手で、当然と言えば当然の結果。記事がしょうもないのかも知れないけれど。

でも、だまってコツコツと記事を書こうと思います。プロにはならないので毎日1万字はハードル高いけれど、ちょっと頑張ってみます。


This is a post from 45 For Trash

*1:はてな界隈のことがまだよくわからないので変な言い方ならすみません。

POLICY :1. このサイトへのリンクは自由です。 2. できるだけ誤りのないように書いているつもりですが、当サイトに掲載する情報の正確性は保証できません。また掲載している情報は執筆日現在の情報です。 3. 当サイト、当サイトリンク先、広告リンク先の利用によって生じたいかなる損害についても一切の責任を負いません。 4. 当サイトはGoogleアドセンス、Amazonアソシエイト、その他アフィリエイトの広告を掲載している場合があります。 5. 当サイトご利用の場合は上記の事項に同意したものとみなします。