読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

45 For Trash

しごうするのか、されるのか。

Bluetooth4.1イヤホンQY7はaptX対応で低価格。arrows NX F-02Hにちょうど良かった。

arrows NX F-02H

私は今までスマホ用イヤホンと言えば、有線のものを使っていました。前機種のF-01Fがアンテナ内臓イヤホンケーブルを採用していたからというのが一番の理由。しかし断線気味らしく、ちょうど買い替え時期だなあと思っていたところです。

arrows NX F-02Hはアンテナは内臓なので、これはワイヤレスの方がいいだろうと思って探し始めました。

ハイレゾ対応のヘッドホンが欲しいなあと思ったものの、高いし、ハイレゾ音源も手元にないし、無線対応もなさそうだから特に便利になるわけでもないし、ということで現状では浪費になると思い断念。

f:id:shigo45:20160125172716j:plain

QY7を選んだ理由

今回私が購入したのは、SoundPEATS bluetoothイヤホン QY7です。

特に最新機種というわけでもありませんが、今回はこれがベストかと思いました。イヤホン探しの条件は次のようなもの。

Bluetooth4.1対応であること

F-01Fは4.0でしたが、F-02HではLTEとの電波干渉を改善しているという4.1になっています。詳しいことはわからないけど、そりゃ4.1対応がいい、ということで。

aptXの圧縮方式に対応していること

最近の多くのAndroid端末同様、arrows NX F-02Hは音声圧縮方式のaptXに対応しています。aptXとは

aptX®により、Bluetooth®でオーディオを伝送する際の音質問題が解決され、CDクオリティの高品質なワイヤレス オーディオが実現します。Bluetooth®接続は、デバイス間におけるデータ通信のパイプラインのようなものです。こ のパイプラインには伝送帯域の制限があるため、大きなサイズのオーディオ ファイルを伝 送することは難しい場合があります。aptX®は、高音質Bluetooth®伝送に関する問題を解決するため、これらのオーディオ ファイルを圧縮し音質に影響を与えることなく、ワイヤレスのパイプラインに入れ込むことができるようにします。aptX®の採用により場所と時間を選ぶことなく、CDクオリティのワイヤレス サウンドをお楽しみいただけます。
Bluetooth® aptX®とは?またその機能とは? - CSR社

ということで、要は、圧縮しても音域が消えず、タイムラグもほぼ無し、なので音楽はCD音質、映像を見る時もノーストレス、ということのようです。

じゃあ、どうせならaptXで接続したいですよね。

安いこと(笑)

正直、家の中でおとなしく使うなら別ですが、持ちあることの多いイヤホンはそのうち壊れてしまいがちです。最初はちゃんとケースに入れて持ち歩いていても、かさばるのでむき出しで持ち歩くようになり、そのうちカバンの中やポケットに無造作に放り込むようになり…。

長期にわたって丁寧に扱う自信がないんです。絶対に壊れます。だから、私にとってイヤホンは、消耗品のように使い倒して壊れたら買い替える、という割り切りで安いものを選ぶ商品の一つです。

2016.1.25現在でアマゾン価格が2,499円。Bluetoothイヤホンとしては最安の部類。見比べているうちに高いのが欲しくなるのはヤマヤマですが、割り切りを貫いてこれを選びました。というか、見た感じも悪くなさそう。

後継機種のQY8も発売されていますが、レビューを見る限りQY7の方がフィット感が良さそうな気がしましたし、安いのでこちらに。

あとは運まかせ。とりあえず買ってみました。

開封からセッティングまで

さて、アマゾンで注文して3日後に到着しました。いつものように驚くほどでかい箱です。

f:id:shigo45:20160125173006j:plain

セット内容

これがパッケージ。大きさの比較のためにarrows NX F-02Hを横に置いています。

f:id:shigo45:20160125173017j:plain

箱の中には、キャリングケースと説明書。またまた一番左には比較のためarrows NX F-02H。

f:id:shigo45:20160125173055j:plain

キャリングケースを開けると左側のネット内に本体が、右側に細かい部品が入っています。意外とギュウギュウではない。

f:id:shigo45:20160125173150j:plain

これが一式。思ったより盛りだくさんのパーツですね。

f:id:shigo45:20160125173246j:plain

こちらは、充電用のMicroUSBケーブル、脱落防止のためのクリップ、長さ調整のための部品です。

f:id:shigo45:20160125173427j:plain

クリップを装着したところ。

f:id:shigo45:20160125173442j:plain

長さ調整はこれ。

f:id:shigo45:20160125173509j:plain

本体左側には充電用のMicroUSBポート。赤いキャップの中にあります。

f:id:shigo45:20160125173731j:plain

本体右側には電源ON・OFFとペアリングボタンを兼ねたスイッチ。ONで光ります。

f:id:shigo45:20160125173755j:plain

さらに、音量ボタンも右側にあります。音量ボタン下の小さな穴がマイク。

f:id:shigo45:20160125173843j:plain

説明書は、例によってオモシロ日本語が随所にある感じです。細かいことはあまり書いてありません。

f:id:shigo45:20160125174011j:plain

セッティング

ペアリング

ペアリングは簡単です。電源ボタンを長押し(5秒)するとペアリングモードになります。電源ボタンのランプは赤と青に交互に点滅します。

スマホなど接続機器のBluetooth設定画面で機器を検索するとQY-7が出てくるはず。

下記はarrows NX F-02Hでの設定画面です。BluetoothをON。

f:id:shigo45:20160125175908j:plain

すると自動的に機器を検索して表示します。QY7が出てきました。

f:id:shigo45:20160125175928j:plain

これだけではまだ未接続。QY7をタップするとペアリングされます。

f:id:shigo45:20160125180016j:plain

接続されるとステータスが「接続」に変わります。これで接続完了。

f:id:shigo45:20160125180047j:plain

一度ペアリングすると、次回からは、ペアリングした機器の近くでQY7の電源を入れると自動的に接続されます。

尚、QY7はしゃべります(笑)。

電源を入れると"power on"、電源を切ると"power off" Bluetooth接続されると"connected"という音声がイヤホンから聞こえます。いちいち、本体のランプを確認しなくても良いので地味に便利ですね。

装着フィット感

装着感を高めるための部品は何種類かサイズ別にあります。人によって、また右耳・左耳によって部品を入れ替えてフィット感を高めるとベストな感じになるんでしょうね。

私はデフォルトのものでぴったりな気がするので、しばらくこれで様子を見てみます。

あくまでそういう私の感想ですが、フィット感は良好。耳が痛くなる感じもありません。セッティングによると思いますが、密閉度も高い感じで外部の音を結構遮断します。

私はスポーツ時に音楽は聞かないので、ジョギング等の振動でどうなるかはレビューできないのですが、ちょっと動き回った感じだけだとズレることもありませんでした。付属のイヤーキャップやイヤーフックを組み合わせて自分にあったベストセットにすれば相当フィット感は高まるのではないかと思います。

音質

音楽

若干低音が強調された感じはしますが、高音域もちゃんと聞こえます。この価格では十分納得できるレベルかなと思います。

私が主に使用するであろうarrows NX F-02Hでは、Dolby設定を工夫すれば結構音は良くなります。プリセットの「Music」にするだけで十分良い音になりますが、細かく設定するともっとよくなるでしょう。

通話

私はほとんど通話には使いませんのであまり使用感をレポートできませんが、やってみたところ問題なくできました。

(余談)音飛びしたらそれはWi-Fiとの干渉かも

実は、arrows NX F-02Hとペアリングして音楽を聴いてみたのですが、最初、音が時々「ブツッ、ブツッ」と切れるのです。ストリーミング再生だけでなく、本体内に保存している音楽をオフラインで再生しても同じです。「あちゃあ、ハズレか~」などと不安に思ったのですが…。

試しに、手元のiPod nanoと繋いでみると、と全く音飛びも雑音も入りません。いい音です。とういことはQY7側の問題ではないのか…。

それで色々試したりしてみたのですが、結論から言うと、恐らくWi-Fiとの干渉なのではないかと思います。「かと思います」というのは私自身があまりこの辺に詳しくなく確証が得られないからなのですが、少なくとも私の環境下での音飛びや雑音の問題は解消しました。

自宅のWi-Fi電波は、802.11aと802.11gが飛んでいるのですが、arrows NX F-02Hは「g」で繋いでいました。これを802.11aに繋ぎ直したらあら不思議、全く音飛びしなくなりました。何やらWi-Fiの802.11gとbluetoothは同じ2.4GHzを使っていて干渉しやすく、一方でaは5GHzで干渉しにくいという話を聞いたことがあったのでやってみたのです。

末尾が"_A"のものが802.11a。下の画像はこれにしてみたところです。

f:id:shigo45:20160125181959j:plain

しかし、家の中に802.11gの電波が飛ばなくなったわけでなく、他の機器はgで繋いでいるものもあるので、干渉しなくなるというのもいまひとつよくわかりません。他のBluetoothスピーカーやヘッドホンなどでは全く問題がなかったので、何か相性のようなものもあるのでしょうか…。

不確定な情報で載せるかどうか迷いましたが、完全に解決したので、同じように音飛びで悩んでいる方の参考になればと、あえて書いておきます。

結論

もともと、ジョギングの時などに使用することを想定している製品のようですが、スポーツ時以外の用途でも十分使える商品だと思います。

ペアリングも簡単で安定していますし、音質も高級感はないもののこの価格なら納得できるレベルだと思います。装着感も問題なし。

あとは耐久性ですね。これについてはアマゾンのレビューでマイナス評価もあるようですが、使い方次第かなとも思います。

何よりもこの価格でそこそこのワイヤレスイヤホンが買えるというのはちょっと驚きですね。

買ってよかったです。これを見た家族が欲しそうで取られそうなので、もう一個買うことになりそう…。

下は私の買ったBlack/Red。

色は他にも、black/blue、white/green、white/white、black/green、black/purple、white/yellow、black/blackがあります。お好きなものをどうぞ。

尚、arrows NX F-02Hに関する記事は次のリンクからどうぞ。

arrows NX F-02H カテゴリーの記事一覧 - 45 For Trash


This is a post from 45 For Trash

POLICY :1. このサイトへのリンクは自由です。 2. できるだけ誤りのないように書いているつもりですが、当サイトに掲載する情報の正確性は保証できません。また掲載している情報は執筆日現在の情報です。 3. 当サイト、当サイトリンク先、広告リンク先の利用によって生じたいかなる損害についても一切の責任を負いません。 4. 当サイトはGoogleアドセンス、Amazonアソシエイト、その他アフィリエイトの広告を掲載している場合があります。 5. 当サイトご利用の場合は上記の事項に同意したものとみなします。